内部不正による情報漏洩対策セミナー

昨今発生している内部不正による個人情報等の機密情報漏洩事件は、以前にも増して影響が大きくなっており、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が2015年2月に発表した「情報セキュリティ10大脅威 2015」によると「内部不正による情報漏洩」の脅威は2014年の11位から2位に急浮上しました。
上記の脅威に応じて、ISMSやIT内部統制等による監査は従来よりも厳しさを増し、企業のセキュリティ対策もより高い基準が求められるようになっております。

本セミナーでは、デロイトトーマツリスクサービス株式会社様をお招きして、セキュリティコンサルタントとして、また監査人として多くの企業を見られた経験を基に基調講演を行っていただきます。
また、コムソル株式会社様には、経営者として多くのセキュリティ製品の検討・購入を行った経験から具体的な情報漏洩対策について講演を行っていただきます。
情報システム担当者やセキュリティ担当者にとって、かゆいところに手の届くような情報をご提供致します。

好評につき受付を終了いたしました。
その他のお問い合わせは下記までよろしくお願いいたします。

https://www.fusioncom.co.jp/toiawase/h_forensics-inquiry-usr.shtml

タイトル 内部不正による情報漏洩対策セミナー
主催 楽天コミュニケーションズ株式会社
日時 2月10日(水)14:00~17:00(受付開始 13:30)
場所 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス4階
セミナールームA
東急田園都市線、東急大井町線「二子玉川駅」より徒歩4分
地図:http://www.fusioncom.co.jp/company/access.html
定員 30名(先着順)
内容

【第1部】組織内部からの情報漏洩を防ぐために必要なポイント

講演内容:
個人情報保護法の施行から昨年で10年が経過しました。いろいろな情報漏洩事故が発生しましたが、組織内部からの情報漏洩事故を振り返ると原因と対策は共通するポイントがあります。
本講演では、情報漏洩を防ぐための基本的な考え方を概説します。

講師:デロイトトーマツリスクサービス株式会社 マネジャー 小野寺正

【第2部】価値ある情報漏洩対策を

講演内容:
高価なソフトウェアやハードウェアを導入しても起きてしまう情報漏洩。
未然、事前に止めるハイパーなシステムは無く、結局は個人のモラルにたよることに。それではリスクヘッジにならない。ではどのように企業として対策を立てれば良いのか。

講師:コムソル株式会社 代表取締役 朝田篤

【第3部】事例から考える情報漏洩対策

講演内容:
脅威を知った企業が取る対策を見ることにより自社の漏洩対策が見えてくる。
完全な防衛策が無いからこそ、綿密な漏洩対策施策が重要であると考えられる。
そこで本講演では、コムソル株式会社と楽天コミュニケーションズ株式会社の情報漏洩対策を事例を交えてご紹介します。

講師:コムソル株式会社 システム本部長 木下忠信
   楽天コミュニケーションズ株式会社 渋谷充

【講師略歴】

  • デロイトトーマツリスクサービス株式会社 小野寺正
    情報セキュリティ分野において多数のコンサルティング業務に従事、また情報セキュリティ部門を立ち上げた経験を持つ。現職においては、サイバーセキュリティ推進に係る中期計画の策定コンサルティングなどに従事するとともに、最近注目されるIoT分野のセキュリティ啓発活動も行う。

  • コムソル株式会社 朝田篤
    クレジット系の金融システム会社の代表を務めるなかでセキュリティ対策に翻弄された経験からコムソルを立ち上げセキュリティ対策の根本解決を探り続けている。

  • コムソル株式会社 木下忠信
    長年、金融システム構築のプロとして活躍後、セキュリティソフトの開発を手がける。現在、コムソル株式会社 ソフトウェア開発マネージャー。

参加費 無料

セミナーお申し込み

セミナーへのお申し込みは下記フォームに必要事項をご入力の上、「同意して送信」ボタンをクリックしてください。

貴社名
必須
ご担当者名
必須
所属部署
任意
郵便番号
必須

(半角のみ、ハイフンなし)
※郵便番号の入力で「都道府県・市区町村」は自動で入力されます。
都道府県
必須
市区町村以下
必須
ご連絡電話番号
必須

(半角のみ、ハイフンなし)
Eメールアドレス
必須

(半角で入力)
備考欄
任意

個人情報の取扱について

ご入力いただいた個人情報は、お問い合わせサービスに関するご回答やご請求いただきました資料発送に利用させていただきます。また、個人情報の取扱いにつきましては、「個人情報の取扱いについて」に記載しておりますのでご確認いただき、同意される場合は「同意して送信」ボタンをクリックしてお進み下さい。

個人情報の共同利用について

・共同して利用される個人情報の項目
社名、氏名、部署名、住所、郵便番号、電話番号、メールアドレス
・共同して利用する者の範囲
楽天コミュニケ―ションズ株式会社、コムソル株式会社
・利用する者の利用目的
お問い合わせサービスに関する回答や情報提供
・当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称
楽天コミュニケ―ションズ株式会社
情報セキュリティ全社管理責任者
個人情報保護管理者
コムソル株式会社
個人情報保護管理者

安全性について

このお申込みフォームではプライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。

-->
※表記の金額は特に記載のある場合を除き全て税別です。
ページトップへ